FC2ブログ
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
web拍手
2009-10-21 (Wed)
「吐く動物ですし^^」 「問題ないですヨ」・・・・・と、センセから言われます。




確かにフェレちゃんやワンチャンと比較すると
“趣味?” と思えるほど簡単に吐いてしまい、
次の瞬間ら「ゴハンちょうだい~~♪」と言えるのがネコさん。


理由は沢山あって・・・・
厳密に考えると、その殆どが病的なのだけれども
唯一、物理的な問題が今回のテーマ☆

    ドライフードでしか起こらない【ワザ】です。・・・・・><;



>吐く(胃のイメージ)


胃の入り口と出口をふさいじゃうと
胃の中身におさまる許容量は、標準的成猫ちゃんで目安20cc。
・・・・これ、バリウムを飲むときの獣医さんが目安にされる量です。


当店からお届けしているジェントルフィーダー1本がMAX14mlです。
ネコさんや小型犬ちゃんを考慮しての要量設定かもしれませんね。

  よりリアルに想像いただくためにも
  20ml(20cc)の「かさ」をお手元のグッズでも、ぜひ調べてくださいね。




使用しているシリンジは60ml=60ccのモノを使っています。

水分20ml
 分かりやすいように着色しています。
吐く(20mlの水分)



>吐く(20mlのドライフード)

水分20mlと「同等のかさ」のドライフード
 銘柄によってg数は異なりますが、画像の場合 8gになりました。

>吐く(20mlのドライ計量)




その「水分20mlと同等のかさ」のドライフードを完全にふやかしたとき
 ふやかしに利用した水分は、消化に必要な胃酸をはじめとする内分泌を想像下さい。




>吐く(20mlドライふやかし)



いかがですか?
画像は完全ふやかしですが
スッカリ許容範囲の20mlを越えちゃっています。





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・実際には

胃の出口、幽門に通じる部分はふさがっていませんから
通過が可能になったゴハンはドンドン小腸に送られていくために
ゴハンが移動さえ出来れば20cmlの許容範囲が満杯になることはありません。


従って・・・・
胃や食道が正常に動くことが出来る場合
●1回/日の水分摂取のみで100ml以上を1度に飲む。
●水分タップリのウェットゴハンでは吐かない。
●ふやかしドライなら吐かない。
●シリンジでの強制給餌でも40~50cmlは平気。

     など20mlを越えることがあっても、当たり前のようにこなせます。

     許容量を越えてしなう場合、ネコさんは吐いてくれるけれど
     体重比1/3や1/4と許容量がさらに小さいフェレちゃんは、
     幽門や腸で閉塞することがあるので要注意!





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ところが

空腹で、「ストレートのドライフード」を一気に食べると
はじめは・・・・
たとえば<画像8g>で満腹&ご馳走様だったはずが
水分を含んでいない為に、そのまま胃から移動することなく
ドライフードで通り道が「ふさがった状態」が起こります。




ジワジワと内分泌(胃酸を含んだ水分)で消化が始り(=ふやかし状態)
時間と共に、たった8gのドライフードが目安20mlを越えて膨らんでくると
「胃に入りすぎ!!!」となって、お口から出ます。
・・・・ドライフードのふやかしを作るために必要な時間も
   一緒に思い出してくださいね。
     
   

    このとき胃の内容物が全部出てしまうことも多々あるのですが
    ネコさんのスゴイところは多い分だけでも吐けること!(笑)






こうした未消化物を食後すぐに吐きもどすことを<吐出>と言い
消化物を吐きもどす<嘔吐>や胃酸等の刺激で吐いてしまうこととは
理由が違うために、区別した表現方法を使用します。

吐出の場合、本ネコさんは、サッパリ・ケロリとしていますよね?
我慢する方が気分が悪いのでしょう。
んで、空腹だったことをすぐに思い出して「ゴハンちょうだい~~♪」と。^^





吐出の場合の改善策として・・・・・・・・・・・・・・・

ドライフードは
 ・1度に食べる食事量を減らす。
 ・ふやかしで食べる。
                 などは、センセからアドバイスをいただく手法です。
  


>> ReadMore
スポンサーサイト



| 吐くこと |