FC2ブログ
123456789101112131415161718192021222324252627282930
web拍手
2009-09-22 (Tue)
オシッコを酸性にするサプリメントで最も有名なのは
クランベリー、ブルーベリー・・・・・・・ベリーの仲間ですよね。

果実だし、美味しいです。(^-^)v





オシッコトラブルに有効といわれるベリーの仲間達。
抗酸化作用とかビタミンC含有とか、***酸が有効とかいろいろとありますが
べリーの仲間にはシュウ酸も多く含まれています。


ピン!!と閃いた方はパチパチ♪


結石にはいくつか種類がありますが
ストラバイト(アルカリ尿由来) と シュウ酸結石(酸性尿由来) が有名。

オシッコを酸性化させる威力の強いゴハンを不用意に続けると
シュウ酸結石になるのは有名な話で
原因解決が手付かずのまま、対症療法でしかないゴハンを安易に続けることで
ストラバイト結石とシュウ酸結石を交互に繰り返してしまう子達が増えているのは
今やワンちゃんだけに留まらずネコさんたちにも増えています。





だから、ベリーの仲間のサプリメントには
過剰摂取についての注意を促すコメントが付いていたりするわけです。
あまりにせっせと食べ過ぎればダメだって。(事の真意は不明ですが。)

ただ・・・・実際にはベリー系のサプリメントを採用しても
レスポンスが無い場合もあります。
原因が・・・・ベリー系のサプリメントで太刀打ちできないような状態や
原因と・・・・ベリーの関係がビンゴしない見当ハズレの場合ですね。 >> ReadMore
| オシッコ |
web拍手
2009-09-22 (Tue)
オシッコトラブルに有名なサプリメントの両輪 『ベリーの仲間』と『ビタミンC』

「酸性尿にする」とかって言われていますよね?


含有するxxx酸が有効だ とか、ビタミンCは酸性だから とか

酸を食べるから酸性尿??



しかも・・・
多くの方が、ビタミンCは酸性だから
「沢山食べればシュウ酸結石(酸性尿由来)になるのでは?」と
ドキドキしていらっしゃるようなのです。


        ・・・・それじゃ、怖いしぃ~~~、違うし~~~~~><



酸性の物を食べると、オシッコが酸性になってアルカリ尿が治るのなら
ハッキリ言って・・・・獣医サンのお仕事は、なくなっちゃいますよ!
だって・・・・胃酸なんて、スッゴク酸性じゃないですか?
わざわざ酸性のモノ食べなくても、胃酸の酸でまかなえるはずですよね?
食べるモノのphで簡単に調整が出来るのなら、サッサと自分の胃酸で賄って欲しいです。^^



酸性尿と同じ『酸』の字が付いても、
ビタミンCには<アルカリ尿を中和するような>そんな力なんて無いのです。


んじゃ・・・・
ビタミンCがなぜ膀胱炎アルカリ尿に有効利用されるか?


その理由の一つが
・・・・・・ 白血球(免疫細胞)を元気にするビタミンだから。
      こうした力を持つビタミンは他にないです モン (^-^)v


  叩け!叩け! 
  キミたちにしか出来ない『選択性攻撃力』で膀胱内の悪玉菌をも叩くのだっ!!



*******なにそれ??って方は どうぞ・・・。

   アルカリ尿にはウレアーゼ産生菌が沢山いるってご存知ですよね。
   ウレアーゼという特殊な酵素をだして、
   膀胱に送り込まれた尿素(無毒)をアンモニア(強有害@アルカリ)に
   再変換させる悪い菌たちの総称で、菌の固有名称ではありません。

   このワルサのお陰で、折角弱酸性のはずのオシッコがアルカリになっちゃうわけ。


   ちなみに、このウレアーゼ産生菌(悪玉菌)を抗生剤で解決してもらうとなれば
   お口経由の場合、膀胱よりも先に到達する腸管内の
   細菌叢@善玉菌もチョコっといっしょに叩いてくれたります♪ (←ダメだってば!><)
   


*******さらに、なにそれ??って方は どうぞ・・・。

   ご自分の身体で想像くださいね?

   お口は外界の入り口で、
   やがて到達する腸は、外界と体内との境目で
   
   膀胱は体の中を散々グルグル回った最後の出口で、
   その先は下界と接しています。 ・・・・・よね?^^

   下界から悪玉菌が入ってくるルートは誰にでもあって
   それを免疫細胞が叩けないわけです(^-^)v


   悪玉菌が入ってくる量 と悪玉菌の強さ
           対
   その増殖を阻止しようとする善玉菌の量と強さ
   & 悪玉菌をやっつける免疫細胞の量と力のバランスですね。

   そして、
   進入してくる悪玉菌を簡単に通過させてしまう『外界と体内との境目=腸壁』の弱さ  も
   押さえるべきポイントになります。




ベリーのサプリメントを食べたらビタミンCが不用なのではなく
ベリーのサプリメントを食べるなら、
効果UPの為にもビタミンCも一緒に食べようよ!

本当は・・・・ビタミンCを普段からシッカリと摂取したら
慌ててベリーを探さなくても、白血球はそれほどヘコタレていないだろうってこと。^^





そして・・・・
ビタミンCは免疫UP以外にも、突出して沢山の仕事を抱えた変わり者。
そのため、健康管理と病気ケアには欠かせないことが解っているのに
キャットフードには入っていません・・・・・(大泣き)

なぜなら、ニャンズは肝臓でビタミンCを合成できるから。





***************「チョット待ってください!!」

Aちゃんの体が要求するだけのビタミンCの量を
Aちゃんの肝臓はちゃんと作っていますか?

体が必要とするビタミンCの量は、10ニャン10とおりですぞ!

しかも、予備軍を含め肝臓が悪いニャンズはどっさりいます。

シニア世代になれば肝機能だって自然にパワーダウンします。

その上、感染症キャリアの仔たちなら、破格の量が必要です。

だのに・・・・・
そんな仔たちの肝臓にも
「シッカリとビタミンCを作りなさい」と言い続けるのでしょうか?
それって、単純に肝臓酷使では無いでしょうか?


・・・・・・ゴハンに含まれている保存料としてのビタミンCは
     栄養として利用するビタミンCではありません。

     開封後1ヶ月の賞味期限 とは
     開封すれば、酸化防止のビタミンCは
     1ヶ月しか効力をモタナイってことの裏返し。

     足りない分はセッセと肝臓で作ってね!ってこと。 >> ReadMore
| オシッコ |
web拍手
2009-09-16 (Wed)
抗生剤が全く反応しない無菌のアルカリ尿・・・・・ヤッカイですよね?


雑菌が居てくれてこそ、抗生剤が有効に働き
ウレアーゼ産生菌由来の原因が叩けるというのに

「菌・・・・・・、どこ?」



「なぜ、アルカリが続くの????」



私たちとしては、獣医サンのお仕事としてこうなる原因も教えて欲しいわけですが
面倒だから療・処方食で片付けちゃいますか?

  では、教えてください。

  療・処方食と良質のナチュラルフードの違いを。


          「配慮されて居るから」では答えになっていません。

          お口から食べるマグネシウムが原因ではないのですし
          食材の質を落とすわけですから、私たちが望む方向とは逆なのです。
          しかも、吐出・嘔吐や下痢など食べられないネコちゃんは山のように居ますよ。






いきなりな仮説ですが・・・・・
             意見には個人差があります(^-^)v 我が家流ですので悪しからず。


   アルカリ尿にセットのウレアーゼ産生菌!!

   (おさらい)
   ウレアーゼって特殊な酵素(これもタンパク質)をだして、
   膀胱に送り込まれた尿素(無毒)をアンモニア(強有害@アルカリ性)に
   再変換させる悪い菌たちの総称で、菌の固有名称ではありません。
   大腸菌の仲間と思ってくださいナ。


この 尿素(無毒) と アンモニア(強有害@アルカリ性) に注目っ!!!



********************************************************

そのまえに・・・↓を覚えておいてくださいね。
          でないと、訳がわからなくなりますよ~~。

身体の仕組みは、体内をぐるぐる回っている水分(=血液)から
 各種細胞が・・・・
  ① 栄養を受け取り、
  ② その代わりに細胞の中で生まれた有害物質を手渡します。
 運搬係の水分によって
  ③ この有害物質たちは、やがて肝臓を経由し最後に腎臓に送り込まれ
  ④ 「ヤッパリ、今は捨てないでおこう!」と
     脳から指示を受けた<栄養分や水分>を腎臓でもう一度ろ過し
  ⑤ 最後に本当に捨てなくてはいけないものを膀胱へ送り込みます。

んで、この①~⑤までの間に、不可解な仕組みが一つ組み込まれています。


  健康な体液(水分)は弱アルカリ性なのです。
  けれども、健康なオシッコは弱酸性ですよね?

  ・・・・これはもう、どうあがいても変わらない事実><
     要するに、水分は・・・・
     身体の中をご機嫌サンでグルグルとまわっている時には
     弱アルカリ性なのに、膀胱まで届けられる途中で
     phが逆転してしまうわけです。・・・逆転することが正常なのですヨ☆
     


  覚えておくためにその理由が必要な方は
  弱酸性のオシッコにしておかなくちゃ、雑菌が膀胱で繁殖するから!とでもどうぞ♪

  ・・・・強引ですか?  でも、私のお肌も雑菌が繁殖しないように
     いつも弱酸性に保たれています・・・・。
     だから化粧品のアピールポイントも<弱酸性>なんですよね?!
     雑菌が尿道を経由して進入しやすい膀胱だっておんなじ^^
     ウレアーゼ産生菌を思い出してね・・・大腸菌の仲間ですってば!)


********************************************************


ところが・・・・

② の有害物質の中には<アンモニア(強有害@正統派アルカリ性)>が含まれています。

けれども、あまりに有害な為、そのままポイッと捨てたのでは大変なことになる為に
それぞれ細胞の中で、アンモニア中間物質に変換したものを、栄養や酸素と交換します。
この中間物質は送られてきた肝臓で無毒の尿素に変換され、腎臓へ送られます。


こんな風に・・・・
元々は有害なアンモニアであっても、
膀胱に届くまでの間に、より安全に捨てられる仕組みになっているわけです。
・・・・・こうした解毒の仕組みも、代謝の一部分です。


この『アンモニア→尿素変換システム』が、もしもキチンと働らかず
本来、膀胱内に届けられる安全な尿素のはずが、
実は「なんちゃって尿素」であればどうでしょうか?


そんなこと、ありえない~~~~~ですか?^^


んじゃ、なんで菌も居ないのにアルカリ尿なん?

                   試験開腹なんて思いついた方は悪魔ですゾ^^;




タンパク質を沢山食べると、アンモニアはバンバン発生するのです。><
そのとき、このアンモニアを無事に捨てられる中間物質に変換してくれるのが
グルタミン酸のお仕事。


不思議ですよね~~~~。
グルタミン酸って、アミノ酸ですよ。=簡単にいうとタンパク質の細切れ(^-^)v


「良質のキャットフードなんだから、シッカリ食べたなら、
含まれるタンパク質と同時に
グルタミン酸だって十分おなかに届いているはずなのに
なぜ中間物質への変換が上手く行かないの??」   ・・・・当然の疑問です。


    良質のゴハンだって、メーカーさんは個体差まで配慮して
    製品を作っているわけではありません。
    そもそも、キャットフード・フェレットフード・ドッグフードは不完全なものです。
    それでも私たちは『食べてくれるもの』として利用していかなくてはなりません。

      原材料の質
      加熱で失う栄養素
      吟味して選んで、お願いしても食べてくれないお口・・・

    だからこそ! フードの弱点を認めなくては・・・ネ。

>> ReadMore
| オシッコ | TB(0) |
web拍手
2009-09-13 (Sun)
オシッコトラブルを経験すると、先生から・・・・
 「運動しましょうね♪」とか、「ストレスですね、リラックスしましょう!」とか言われませんか?

 ・
 ・
 ・
 ・

スッゴく元気に遊ぶ子なんだけど!

 ・
 ・
 ・
 ・

一日中、のんびりとゆったり暮らしているけれど!

 ・
 ・
 ・
 ・

「 いったい、どっちやねん?!」  ってことありませんか?


そりゃね、センセは透明人間になって見ていらっしゃるはずも無いわけで
「知らないよね~~~~~~っ」ウチの子のことなんて (^-^)v

んじゃ、なぜこんなワカランチンの台詞が飛び出すか・・・。 です。



自律神経のアンバランスが、
オシッコトラブルを呼ぶ場合があることを、仰っているのです。



自律神経って
 交感神経・・・<動・活動>を司る神経
    +
 副交感神経・・・<静・心>を司る神経

表現は色々ですが、一般的にはこんな感じで言われています。


バランスが悪くなれば『自律神経失調症』と呼ばれ、様々な症状が出てきます。

人・・・肩こり、頭痛、不眠、食欲不振、便秘、下痢、冷え、などなど。

これが ニャンズになると
 ・・・筆頭が泌尿器疾患みたいです。^^ 
 ・・・・・他にあっても教えてくれないし、仕方がありません。




オシッコトラブルに限らず、症状の初めの一歩は、
人でもニャンズでも 『弱いところ、負荷の大きいところ』に必ず出できます。
ですから、同じモノを同じように食べていても、必ず同じ病気になるわけではありません。
初めのサインは個体差によって異なります。

自律神経失調が起これば、まず不定愁訴として
病気扱いにはならない程度のもどかしい不快感からスタートします。
嘔吐や下痢など病気と言い切れないような場合でも、
こうしたサインの一つであることに違いがないわけです。



ホメオスターシスは常に体内のあらゆる状態を
健全に維持できるようにバランスを取っていますから
自律神経における交感神経と副交感神経においても同じです。

  ご自身に照らしてみてくださいね。


  ★と~~っても緊張すれば眠れなくなります。
    副交感神経(心)の高ぶりが、交感神経(体)を刺激するため眠らせてくれません。


  ★適度に身体を動かすと、鬱々した心がスッキリします。
    これは身体を動かすことによって交感神経が疲労し、
    その結果、心のストレス=副交感神経の疲労とのバランスが取れることで
    鬱々感から開放されることを意味します。


  ★極端な精神疲労は、喜怒哀楽さえも感じさせなくなります。
    場合によっては、肉体の疲労や疲弊さえも感じなくなります。
    こうなってくると心療内科へGO!かも知れません。

    一番言われることは
    美味しいものを食べて、自然に触れて、好きなことをして
    仕事や学校のことは後回しにして思う存分リラックしましょう!ということになります。


こんな風に・・・
交感神経と副交感神経は、正常に働くことが出来るようにする為に
天秤のように常にバランスを取り合っているわけです。




病気に向かうサインは、弱い部分や負荷のかかりやすいところから発現しますから
ニャンズの場合は『日常的な水分不足』や
『肝臓関連』あるいは『アレルギー』などに出やすくなります。
つまり・・・・・・膀胱炎もその一つ。 



こんなことがニャンズの心と身体に起こっているから
ひときわ精神的にもろいニャンズのこと・・・を考慮すると
「運動しましょうね?」 とか、
「ストレスですね、リラックスしましょう!」 とか になるわけです。


「運動しましょうね?」
・・・・此処に隠れている最も重要なことは基礎代謝の低下です。

   エネルギー変換と解毒能力の低下で『とどこおり』が起きているため、
   体の機能が正常に稼動していないことを指します。




「ストレスですね、リラックスしましょう!」
・・・・ご存知のとおり、怖がりニャンに多い一過性です。

   日頃から心配事が無ければ、怖かったことさえ解消できれば
   あとは自力で直す力を本来は持っているはず。
   (一時的にホメオスターシスが変調を来たしても
    それを元も戻すことが、本来のホメオスターシスのお役目ですから。)   




自律神経に特化して考えた時・・・・
『運動をする』ことと『リラックスすること』は、
相反することのようですが、結局とのところ同じ結果が得られるわけですね。
   基礎代謝の低下は、栄養のアンバランスでも起こりますが
   自立神経失調状態でも必ず起こります。
   (栄養のアンバランスが無く、心だけがピリピリしているお家ニャンズには
    先ず運動から・・・でしょうか?)


ところが・・・・。
慢性的な、臓器の酷使・栄養のアンバランスなど
身体の内側にかかえるストレスが元になる<基礎代謝低下>があれば、
ホメオスターシスの力そのものが弱いために、一過性でも完治が長引きます。
繰り返し再発する多くの子達はこうしたガンコなケース。

しかも、基礎代謝の低下は、加齢とも関係してくるため、一筋縄では治りません。





そして、申し上げるまでも無く・・・・・
数あるシッポ仲間の中で、もっとも怖がり・ビビリっ子のネコさんなわけですから
身体の中のストレスはもとより、心が抱えるストレスが大きいわけですね。


神経を正常に司る栄養素がもしも足りなければ・・・・
怖がり・ビビリっ子ニャンのストレスは増幅されてしまいます。
運動していても、リラックスできているようであっても
このような場合の自律神経のアンバランスは、小手先では解消できません。


>> ReadMore
| オシッコ | TB(0) |