FC2ブログ
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
web拍手
2009-10-30 (Fri)
おさらいデス。

リン酸+アンモニウム+マグネシウム・・・
    此処に酸化してしまった脂肪が加われば、まさしくストラバイトですね。




そこで、どうしても気になるポイントが・・・・・


●リンとカルシウムがくっつけば結石じゃなくて・・・・これは骨@ホネ~~♪
  (この お方・・あとで出てくるから要チェック!^^)


●高タンパク食は高アンモニア食
  タンパク質を食べれば、その量に比例してアンモニアは生まれる♪


●高タンパク食は高リン食
  及び高添加物食は高リン食(←コンビニのお弁当ではあまりにも有名)



あ~あ~、
リンとアンモニアとマグネシウムがくっつくとストラバイト結石。

けれども、鍵を握っているはずのリンもアンモニアも、
マグネシウム以上にブラックゾーンだと思いませんか?



つまり、注目すべきところは、<リン>や<アンモニア>のほうであって
マグネシウムじゃないはず・・・・なのです。




だって・・・不思議だと思いませんか?

世の中のキャットフードで『マグネシウムたっぷり♪』と
表示されているものなど見たことがありませんよね?
各社とも「我社ほどマグシウムを考慮しているゴハンありません!」のノリですものね。

獣医療が『マグネシウム原因説』を肯定してる以上は
もう、トコトンまで目一杯カットされているはずなのです。

それなのにマグネシウムが多いっていわれる理由を
『多くなってしまう原因』から考察してみましょう。




------------------------------ ややこしいよ(^-^)v


★高タンパクは高リン。 
 これは、もうごく当たり前のこと。
 お肉・お魚の本来が持つ成分からして当然なんですね。

 そこで、不要なリンは腸の中でカルシウムにくっつけます。
 んで、あとはウンチでポィ。

 << ここでくっつけて捨てるためのカルシウムが足りなければ・・・・
     リンは必要以上に吸収されてしまいます。 >>




 そこで・・・・
 多めに吸収されて、使い余ったリンは、排泄のために腎臓から膀胱へ向かいます。
 このとき膀胱でウロウロしているマグネシウムに出会ってしまえば
 あとは・・・・酸化した脂肪とアンモニアがやって来ないことを祈るのみデス。><




★高タンパクは体液phが酸性になる!

 お肉を食べれば酸性体質になってしまうから、
 お野菜を食べてアルカリ体質に戻さなくちゃ・・・っていう
 このメカニズムは私たちと一緒です。(健康体は弱アルカリ体質☆)

 この「アルカリ体質に戻す」ための、最大の仕事人がカルシウムです。



 << ここでカルシウムが足りなければ、
   酸性体質・酸化体質・活性酸素イッパイ体質となります。
   もちろん、脂肪も体内で酸化する可能性は高くなります。>>




★★ほら! 
   もしかしたら・・・・カルシウムが足りてないことが、関わっていないでしょうか?★★






>> ReadMore
スポンサーサイト



| オシッコ |