FC2ブログ
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
web拍手
2010-07-09 (Fri)
シッポ達に野菜を食べさせてはいけない・・・・って。

コレって“常識っぽい” けれど
                 スンゴイ非常識!!です。^^




細菌叢がダメダメな腸環境が良くない仔に
いきなり許容範囲を超えるお野菜を食べさせると無理もかかってきますが
だからといって「食べさせない」は「細菌叢を育てない」とおんなじことなんですね。

腸は自分の臓器だけれども「のっとられ臓器」でもあります。
つまり・・・・筒状の住処は提供しているのですが
その中身は細菌郡にのっとられているようなもの。

そのため、おなかの調子が良いも悪いも
筒状の中に暮らしている「細菌たち」によって牛耳られているわけです。

そこで・・不幸なことに・・・・
この住人である細菌たちの生育加減で
私たちやシッポ達は健康になったり病気になったりしてしまいます。


なぜなら・・・・
食べたゴハンは、細菌たちのお世話なくしては使い物にならず
栄養として吸収できないといっても過言ではないからです。



そこで、食物繊維のこと。

お話は飛びますが・・・
---------------------------
皆さんは ダメージ加工のGパン☆ お持ちでしょうか?
Gパン苦手さんでも1着くらいお持ちですよね~~。

このダメージ加工ですが、
元々はサラッピンのデニム生地で縫い上げたお洒落でもなんでもないGパンなのですが
石でこすったり、バーナーで表面の毛羽を焼いたり・・・と
様々な方法で表面を劣化させたり、退色させたりしています。
手作業でしか出来ない方法なので、「似たような箇所」に「似たようなダメージ」は
可能であっても、全てが1点ものと申し上げてよいでしょう。

岡山県小島は日本におけるデニムのメッカみたいなところなので
こうしたダメージ加工が様々に工夫されています。 

そこに・・・新手の加工方法が現る!!!!!!

縫いあがったGパンを ですね・・・・。
土の中に埋めちゃうんです☆

そうすると、土中の細菌郡がウハウハと喜んでGパンをモグモグしてしまうわけ。
ウッカリ1ヶ月も埋めたままにしていると、あの厚くて硬いデニム生地が
ダメージ加工を飛び越えて、縫い目もズタズタ・・・・。
見る影ナシのボロキレの集まりみたいになってしまうわけです。



Gパン=デニム生地=綿の食物繊維(縫い糸も綿糸) ですぞ。


------------------------------




またまた飛びますが・・・

------------------------------
牧草が主菜の牛さんたちは
何方もご存知のとおり4つの胃をお持ちです^^

1番目の胃・・・・・胃酸をまぶす為のお部屋
2番目の胃・・・・・好気生菌のお部屋
3番目の胃・・・・・嫌気生菌のお部屋
4番目の胃・・・・・菌類を皆殺しにするお部屋

栄養豊富な硬い牧草を沢山食べる為には、
なるほど~~~と思うほど、アノ手・コノ手を使っているわけですね~。


-------------------------------



(^-^)v

>> ReadMore
スポンサーサイト



| ゴハン全般 |