FC2ブログ
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
web拍手
2011-03-11 (Fri)
本日の東北地方太平洋沖地震で
被害にあわれた皆様には、心よりお見舞い申し上げます。

余震も続くことでしょうから、どうぞお気をつけ下さいますように。




震えが止まらない、引き篭もって出てこない、自宅内で見つからない など
数件のお電話を頂きました。


強い恐怖を感じてしまった子たちは『非日常』の精神状況に陥っている場合が多々あります。

こうした時、僅かな刺激でパニックとなり、良かれと思うことであっても無理強いすると、
ネコちゃんも貴方も怪我をする恐れが伴います。
恐怖で豹変した『いつものネコちゃんではない』可能性を十分を考慮ください。



●引き篭もっている場所から無理に出さないで、
 本ネコちゃんが納得するまで見守って差し上げてください。


●健康なネコちゃんであれば、1,2日くらい「飲まず食わず」になっても大丈夫です。

 負担が増えるような通院や過剰医療は避けてあげてください。
 心が安定すれば喉の渇きや空腹に気が付いて「頂戴コール」が出来るようになります。


●隅っこに固まって腰が引けてしまっているような場合は
 無理にお部屋の真ん中に連れて来ないでください。

 寄り添うものがある場所や狭い場所、暗い場所はネコちゃんにとって安心できるスペースです。
 そういった場所が場合は、ダンボールなどで作ることや
 押入れ、クローゼットなどを開放し利用させてあげてください。

 注意:今の季節はコタツが便利ですが、強い恐怖を感じているときは
     脱水状態になっても出ようとしなくなりますから
     くれぐれも温度管理にはご注意ください。
     飲み水をコタツの中に用意してあげるのも良いでしょう。


●多頭飼育の場合で、ケロリとしているネコちゃんがいるなら
 怖がっているネコちゃんのフォローを頼んでください。

 動じていないネコちゃんは、該当ネコちゃんが不安がっていることを理解しているはずですから、
 そばで寛いだ様子を見せたり、グルーミングをすることで、早く平常心を取り戻せるようになります。

 但し、仲良しちゃんがそばに来ることさえ受け入れられない場合は
 瞬時に大喧嘩に至ってしまうこともありますから、
 怖がっているネコちゃんが無理なく受け入れられるかどうか、様子を観察しながらなさってください。


●日頃から抱っこ好きであっても望まない拘束は不安を煽ります。

 抱っこ好きでないネコちゃんの場合は、反って逆効果ですから
 貴方の穏やかな声や笑顔で「いつもと一緒よ」を、怯えるネコちゃんにをシッカリ伝えてください。


●貴方の不安やイライラは以心伝心で必ず伝わります。

 互いの悪い波動をやり取りしてしまうことも逆効果ですから
 どれほどご心配であっても、先ず御自身の精神状態をシッカリとコントロールしてください。




ケアと対策。。。。。。。

 

>> ReadMore
スポンサーサイト



| 気になること |