FC2ブログ
123456789101112131415161718192021222324252627282930
web拍手
2011-06-13 (Mon)
2011年 7月2日 追記いたします。

「ALIVEふくしま」さまより、募集休止のご連絡を頂きました。

   NinnaNannaストックフード支援「缶詰1個基金」からも
   猫用2段ケージx2、中型犬用屋根付きサークルx1をお届けいたしました。(6月23日付)




   7月2日付 本文------------------------------------

     熊田さま

     昨日、大熊町役場へ行ってまいりましたところ、
     ケージサークルをお送り頂いたととても感謝しておられました。
     おかげさまで何とか必要数がまかなえつつあるようです。
     取り急ぎ大熊町へのご送付は休止して下さいませ。
     本当にありがとうございました。


        ALIVEふくしま
        和田央子
        http://blogs.dion.ne.jp/alive_fukushima/


    -----------------------------------------------

 ご協力を頂きました皆様には、心よりお礼申し上げます。

 また、再募集の際はよろしくお願い申し上げます。



募集内容は以下のとおりでした。


↓    ↓↓    ↓↓    ↓↓    ↓↓    ↓






ALIVEふくしま様 を通じて、大熊町役場より緊急物資要請(ケージサークル類)が届きました。
お力添えのほど、よろしくお願いいたします。

----------------------

皆様

多大なご支援に心より感謝を申し上げます。

先ほど大熊町役場より、仮設住宅への入居に際しケージ類が大幅に不足しており、
県救護本部からも全て手配するのは難しいと言われ困っているとの連絡がありました。

皆様の方でお手配頂けるものがございましたらぜひお願い致したく存じます。

大熊町の飼い主さん調査の結果、必要とされているものは

● 犬小型サークル(またはケージ)33台、

● 中~大型サークル(またはバリケン)20台

● 猫小型ケージ54台、中13台、大1台(猫用は2段ケージ希望です)



 お手配いただける方は直送先をお問い合わせください。

 ALIVEふくしま 和田様  mypace@ac.auone-net.jp



 各地に分散してる避難所を廻ったり、連絡するためのガソリン代、電話代等もたいへんかさんでいます。
 不妊去勢手術の補助や支援物資の購入などにあてる活動のご支援もいただければ、たいへん助かります。

 郵便振替口座 02200-9-72605
 ALIVEふくしま 

 http://www.ac.auone-net.jp/~circle/
 http://blogs.dion.ne.jp/alive_fukushima/

----------------------

ALIVEふくしまサンは、
「NPO法人 地球生物会議(ALIVE)」の福島県会員有志のグループで
被災地福島県で活動なさっています。


仮設住宅の完成に伴い、被災地では新たな局面を迎えています。

 ケージ等があれば、
 団体さんに預けられていている子たちはもちろんのこと
 外で鎖に繋がれているワンちゃんや、
 外飼い状態になってしまっているネコちゃんたちが
 大好きな飼い主さんと暮らせるようになります。


すでに様々な形でご支援くださっている方も多数いらっしゃると思いますが
改めて、ご協力のほどお願い申し上げます。




宜しければ・・・・
■ “NinnaNannaストックフード支援 缶詰1個基金”をご利用ください。
  http://ninnananna.jp/Food_shien/Food-shien_index.html 
  詳細は【缶詰1個基金】へお進みください。


 大型のケージやサークル等、おひとりでのご支援にはご負担も大きくなります。

 もしもお任せいただけるなら・・・・
 缶詰1個分のご支援金からお預かりし、
 当方が取りまとめて、ご希望物資を購入・直送させていただきます。

 ・・・ALIVEふくしまサンより
   ネコ用2段ケージx1台、別件で特急の要請を頂いていますが、
   ただ今、2段ケージのお預かり物資はなく、残金4603円・・・デス。



■ 個人でALIVEふくしまさんに直接ご支援いただける方は、
  当方からもお届け先をお知らせします。

  info@ninnananna.jpまでお問い合わせください。





被災地には、皆様のお力なしには、支えきれない子たちがまだまだ沢山います。

どうぞよろしくお願い申し上げます。
スポンサーサイト



| 小さな命のために |