FC2ブログ
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
web拍手
2011-08-26 (Fri)
改正委員の皆様は、45日支持が多いのだと思います。 (委員には関連業者さんも多いですものね。)

一方、改正を求める側は 8周齢を要求しています。



どちらが妥当なのか、根拠を探していらっしゃる方も多いと思うのですが
これについては明確な論文等はありません。

必要ならご想像のとおり「山のような動物実験(疫学上しての)」をしなくては無理なんですよね。
それを行ったとしても、結果は単なる統計でしかありません。




子猫たちは生後1か月ごろから親ネコさんと同じようなものが
すこ~しづつ食べられるようになります。
・・・・・・いわゆる離乳期ですね。


そこで・・・・・人間は「食べられるなら食べさせる」わけです。  

 完全ふやかしに2~3時間もかかるようなドライフードを!!




人のお母さんが離乳期の子供に食べさせるものは
 1に「消化の良いもの」 2に「消化の良いもの」 3に「消化の良いもの」のはず。

なのになぜ・・・・
 子猫や子犬は45日齢(生後1.5か月くらい)で
 「ドライフー食べられますよ!」と、あたかも飼育がラクなように言われ
 販売されなくてはいけないのですか?

 しかも薦められるのは「高タンパク・高脂肪」のステージ対応食です。

 (母乳とキトンフードが同じだと思っているような
  ベテラン飼い主さんなんて何処を探しても居ませ~~~~ん><;)



これって、人のお母さんが大事にされている「消化の良いもの」と正反対って思いませんか???

   ・・・・子猫は下痢をするものというのは
       人が下痢をさせているからですってばぁ!





そんなこと、ありえへん!!!!ゆるされへん!!!!!





子猫や子犬だって
 1に「消化の良いもの」 2に「消化の良いもの」 3に「消化の良いもの」 に決まっています!

 そのためには「高タンパク・高脂肪」も本来厳禁のはず。
 
 人が頭で考えた理論で食べさせるから「1歳未満のタンパク質アレルギー」が
 こんなにも激増してるのでは??




こんな簡単なことが分からない生体販売業者さんが多すぎるって思いませんか??

販売時の説明「食事に関すること」の1点だけに絞り込んでも
子猫や子犬の育て方について、ある意味「素人かもしれない」ことを
消費者はちゃんと考えなくてはいけないのです。


少なくとも人赤ちゃんの子育て経験のある女性や、
身近で人赤ちゃんの子育てをご覧になられた方なら、
このギャップを「感覚的に」理解していただけるのではないでしょうか?





「45日or8週齢」 どちらも根拠なんて無くても良いじゃないですか?!


健康に天寿を迎えるための根幹として
 少しでも長く「健康な母胎から母乳を飲ませる事・・・・」



     今回のパブコメでは
     最低日齢の8周齢くらいは、せめて勝ち取らないといけないと思うわけです。





8周齢というと 7日x8周=争点の45日+11日です。

45日にたった11日が増えるだけですよ。

     ・・・・・ナンナ的には50歩100歩なんですけれどね。
         それでもショップに展示されてから以降ことを思うと、
         わずか11日のちがいも争点になるほど大事なことなのですが。




出産後、母ネコは近づく雄猫に子猫が襲われないように必死で守ります。

けれども次の発情期になれば、子孫を残すための本能として雄猫を受け入れます。

その時期は<出産⇒離乳期終了>のころ。
ちょうど月例で言うと3か月ごろが目安になります。

これが親離れ、子離れの時期になるわけですが
最低でもこの時期まで子猫はおっぱいを飲んでいますってば!



ところが・・・・・!
甘えたの子猫や子猫大事な母ネコさんにとっては「親離れ・子離れ」は起こりません。

次の発情で母ネコさんが妊娠しなければ
「ママ、だいちゅき☆」「子猫☆命!」の親子関係は、もっともっと長く続く場合もあります。

その子猫が初めての発情期を迎える月齢であっても、欲しい子はおっぱいを飲むのです。
・・・・もちろん、空腹だけで欲しいのではありません。安心感も一緒に欲しいのです。



     我が家には8か月までおっぱいを飲んだ子がいます。
     母ネコさんよりも大きな体の赤ちゃんです(笑)

     親となる人だって・・・・
     体の成長だけではなく、情緒の成長も守ってやらなくてはいけません。

     我が家の母ネコさんは、そのことを良くわかっていましたヨ。
     出ないおっぱいであっても「親としての務め」だと。







小さくなければ懐かない・・・・

私たちはこんな大嘘を丸呑みしない消費者でありましょう。


小さいだけが子猫や子犬の魅力・・・・

私たちはこんな騙しが通用しない消費者でありましょう。






〆切は8月27日(当日到着分まで有効)

残された時間はあとわずかです。


不適切業者の排除のため、パブコメにご協力ください。
簡単ツールをご紹介しています。

http://ninnanannablog.blog62.fc2.com/blog-entry-64.html





ちなみに・・・・・ >> ReadMore
| 小さな命のために |