FC2ブログ
123456789101112131415161718192021222324252627282930
web拍手
2011-09-20 (Tue)
 NPO法人サラネットワークさんが募集されています。

 http://salanetwork.or.jp


 記入画面はセキュリティーも完備されています。





------------------------
マイカーでの一時帰宅始まる=原発20キロ圏内の川内村―福島

時事通信 9月19日(月)16時56分配信

 福島第1原発から半径20キロ圏内の警戒区域に当たる福島県川内村で19日、2巡目の一時帰宅が始まった。
 1巡目はバスでの立ち入りだったが、今回からマイカーの利用も認められ、
 避難住民のほとんどは自家用車での帰宅を選択した。
 2巡目の一時帰宅は警戒区域に位置する他の8市町村でも順次実施され、11月中に終了する見通し。
 川内村は下川内地区の一部が警戒区域に指定されている。
 19日は帰宅した92世帯227人のうち、88世帯222人が各自の車を利用。
 村役場近くの体育館で立ち入りの手続きを済ませた後、各世帯がそれぞれ1台の車に乗って自宅に向かった。
------------------------


でも、犬猫の持ち出しは禁止。

飼い主さんたちは、こっそりとドライフードをばらまく事しか出来なかったのではないでしょうか?





警戒区域内の実情はマスメディアも知らない。

  http://blogs.yahoo.co.jp/shinjo_ah/63165282.html
  今本獣医師のブログです。



まだ牛もヤギも生きています。

全頭処分完了と言われている豚も、処分を逃れた子がきっといます。

もちろん、犬や猫はまだ相当数が生きています。


安楽死と言われる方法も、実際は安楽死ではないことも事実です。



半身が糞尿に浸かったまま、

仲間が自分の横で死んでいるのを何日も眺めたまま、

自分に死が訪れる日と、
信じていた人が助けに来てくれる日のどちらが早いかを思いつつ、

「やっと来てくれた!」と人を見て喜んだのもつかの間・・・・・・

  筋弛緩剤で呼吸を止められて・・・・・まさかの悶絶死。



あそこに生き残っている子たちが我が子だったらどうしますか?


犬や猫は発災前は家族として可愛がられた子たちです。



ぜひ、署名にご協力をお願いいたします。


スポンサーサイト



| 小さな命のために |