FC2ブログ
123456789101112131415161718192021222324252627282930
web拍手
2009-09-22 (Tue)
オシッコを酸性にするサプリメントで最も有名なのは
クランベリー、ブルーベリー・・・・・・・ベリーの仲間ですよね。

果実だし、美味しいです。(^-^)v





オシッコトラブルに有効といわれるベリーの仲間達。
抗酸化作用とかビタミンC含有とか、***酸が有効とかいろいろとありますが
べリーの仲間にはシュウ酸も多く含まれています。


ピン!!と閃いた方はパチパチ♪


結石にはいくつか種類がありますが
ストラバイト(アルカリ尿由来) と シュウ酸結石(酸性尿由来) が有名。

オシッコを酸性化させる威力の強いゴハンを不用意に続けると
シュウ酸結石になるのは有名な話で
原因解決が手付かずのまま、対症療法でしかないゴハンを安易に続けることで
ストラバイト結石とシュウ酸結石を交互に繰り返してしまう子達が増えているのは
今やワンちゃんだけに留まらずネコさんたちにも増えています。





だから、ベリーの仲間のサプリメントには
過剰摂取についての注意を促すコメントが付いていたりするわけです。
あまりにせっせと食べ過ぎればダメだって。(事の真意は不明ですが。)

ただ・・・・実際にはベリー系のサプリメントを採用しても
レスポンスが無い場合もあります。
原因が・・・・ベリー系のサプリメントで太刀打ちできないような状態や
原因と・・・・ベリーの関係がビンゴしない見当ハズレの場合ですね。 * * *
手づくりローフードゴハンでもちょこちょこ利用される『ほうれん草』
 葉っぱ野菜のなかではシュウ酸含有量が高く
 人の場合の結石のほとんどが『シュウ酸結石』であるため
 ほうれん草は気にされがちな食材なわけですが

 ほうれん草って『湯がく』ことが当たり前ですよね?・・・・コレはシュウ酸を捨てる行為にあたります。(^-^)v


 人の場合でシュウ酸による影響が現れるのは、生で1㎏以上食べ続けた場合のことです。
 生のほうれん草を1Kg食べられますか?? いや~~~私には絶対出来ません。

 要するに ・・・・湯がいて食べるなら『恐れるに足らん!!』ってわけです(笑)



■言うまでも無く・・・ほうれん草のアクがシュウ酸^^
  シュウ酸は水溶性だから15分とか20分の水洗いだけでも、かなりの量が除去できますし
  湯がくだけでもホイホイ出てきてくれる大変素直な良い子です。
   (ホイホイ出てくるのはビタミンCやB群も一緒だけれど。   凹)


  一般的に、ほうれん草シュウ酸含有量は
  西洋種では約1.0%、日本種が約0.6%程度で、中間種はシュウ酸の量も中間。
  
  クタクタになるほど湯がけば、葉っぱに残留するシュウ酸もゼロになるかもしれないけれど
  ビタミンやミネラルを大きく損なわない程度(=常識的な時間)であれば
  シュウ酸残存は2~3割まで落ちます。

  従って、時々食べるほうれん草程度で、
  健康は人がシュウ酸結石になること自体が難しいのです。


**********************************************************

シュウ酸が直接的にオシッコphをコントロールするわけではありませんが
シュウ酸自体は還元反応が強い物質なのです。
   (酸化させないとか、酸化防止とか=抗酸化・・・・・・←注目ポイントは、こっちだぁ~~~^^)

んで、このシュウ酸・・・・
ほうれん草を筆頭に量は様々ですがすべての野菜に含まれて居ます(^-^)v


消化できる程度に過熱された葉物野菜には、シュウ酸はもとより
キャットフードに不足するビタミンとミネラル、その他微量成分と共に
腸管免疫を上げる2つの食物繊維と、見た目のかさによる満腹感
ネコさん悲願の水分が含まれています。

**********************************************************・



 
つまり・・・
ストラバイトの予防やケアの手段として、葉物野菜を使っても良いわけ。
今まで足りなかった栄養素が、葉物野菜を食べることで
すこ~~~し酸性尿に傾けるお手伝いも食材の力として有望なわけです。


     あ! でも もう一回!
     野菜=シュウ酸 と思い込んだりしないでね!
     その1を聞いて1しか答えの出ない考え方じゃ
     オシッコトラブルは治せないよ♪






ポイントはココ!!
↓     ↓

お野菜には・・・・
キャットフードに不足するビタミンとミネラル、その他微量成分と共に
腸管免疫を上げる水溶性食物繊維と、不溶性食物繊維
それらから得られる満腹感
ネコさん悲願の水分が含まれています。
そしてベリーの仲間にも、植物として同じようなことが共通しているということ。





葉物野菜(植物)は、
ネコさんたちにとって本来苦手なジャンルですから
加熱であってもガンガン食べてもらうことはとても厳しいのです。

   野菜もベリーの仲間も植物です。
   植物の細胞膜は特別に硬いため細胞壁と呼ばれ
   消化ができないのは、雑食動物である人、ワンちゃんも、フェレットちゃんも、似たようなものなのです。
   
   私がニャンズに似てしまって食物繊維を消化できないのではなくて
   食物繊維は<基本として>消化できないものと思ってください~~~い。


ですからニャンズは下痢したり、吐き戻したりしながら
ピンチのサインを出すわけですが・・・・・
  

ならば、粉モノ野菜ではどうでしょうか?
細胞壁は粉になるまで、すでに破壊されていますから
おなかにとってはとても食べやすいのですね。

<湯がく>という行為も、<冷凍する>という行為も
細胞壁の破壊を目的の一つにしています。



この考え方を自然になぞらえるなら
ベリーの仲間は<<木>>であって、
              植物として考えるのが<<森>>


ベリーの***酸だけを取り入れたいと思うのは対症療法であって・・・・<<木>>

身近な野菜でキャットフードに不足するビタミンとミネラル、その他微量成分と共に
腸管免疫を上げる水溶性食物繊維と、不溶性食物繊維
それらから得られる満腹感
ネコさん悲願の水分を取り入れて、体質改善を目指すことが・・・・・・<<森>>





ね!! 
私たちが目指すのは
療・処方食と似たような今だけ回避の対症療法ではなくて
自宅でラクラクに体質改善ではありませんか?




膀胱炎や結石で『酸性尿にしたい!!』と思うなら
木を見たら・・・・・次は森を見てみよう。

木のデメリットと森のデメリット・・・。

木のメリットと森のメリット・・・。

その時々でどっちが大事かは、全体がシッカリと見えないと解らなくなります。
木を見たら、次は必ず森を見る。
森を見たら、次は木を見る。

そしてもちろん、我が子を知ること。



手作りゴハンが出来なくても、・・・・・・<<木>>

いつものウェットゴハンに、粉モノ野菜を混ぜれば出来上がり♪・・・・・<<森>>

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・これぞ!『なんちゃって手作りゴハン』の基本です☆






ゴハンを考える時 ・・・・・とっても大事なことです。


木を見たら・・・、次は森を見よう!



| オシッコ |