FC2ブログ
1234567891011121314151617181920212223242526272829
web拍手
2009-10-01 (Thu)
膀胱炎由来のアルカリ尿には、ウレアーゼ産生菌が沢山いるってご存知ですよね。

   ウレアーゼって特殊な酵素(これもタンパク質)をだして、
   膀胱に送り込まれたオシッコ成分のひとつである尿素をアンモニア(強有害@アルカリ性)に
   再変換させる悪い菌たちの総称で、菌の固有名称ではありません。



この酵素編は
      あの忌まわしい 腎不全 とも関連するテーマ。

・・・・・・・・・・・・・すんごい、ややっこしいよ~~~~! 
           でも、全身ケアに直結するから、偏頭痛がしても頑張ってね♪





タンパク質を沢山摂取すると言うことは・・・・
   代謝で発生するアンモニアが沢山出てきます。

   (だから・・・タンパク質=猛毒アンモニアと覚えてね! ・・・言い過ぎか^^;)



これを無毒な尿素に変換していくのも代謝(解毒を含む)のお仕事です。
   ・主に肝臓と筋肉細胞の中で行われています。
   ・この変換作業を手伝っているのが、ビタミンB1をはじめとするビタミンチームの仕事の一つ。
   ・出来上がった尿素を細胞から取り出して、血液に乗せる作業をしているのが
    ミネラルチームの仕事の一つ。(オシッコに捨てるため♪)




細胞の一つひとつは、こんな仕事をしています。

<入る>  血液に乗ってやってくる ①新鮮なお水 ②栄養 ③酸素 をもらって
 ↓ ↓
<作る>  ビタミンを利用しながら、生きる為のエネルギーを作り出します。
        と同時にこのエネルギー変換で発生した猛毒アンモニアを、
        同じように変換作業を行い無毒の尿素に作り替えます。
           この“作る”作業の総称を代謝(解毒も含め)と呼びますが、
           NinnaNannaでは解りやすく、前者を代謝、後者を解毒と分けて表現しています。
 ↓ ↓
<出す>  出来上がった尿素は邪魔者ですから血液に捨てます。
        このとき、捨てる作業がスムーズになるよう、手伝ってくれるのがミネラルチームのなかの
        電解質ミネラルと呼ばれる精鋭集団の仕事の一つ。






☆☆ そこで!!細胞のなったつもりで想像してみてくださいネ ☆☆        

食べたゴハンを細胞の中で有効に代謝させ、エネルギーとして利用をするためには
入ってくるものが、必要な分だけ入ってこなければ、エネルギーへの変換は出来ないし
生まれた有害物質は、無毒化しておかなければ、うっかり捨てられないし
その上、捨てることを手伝ってくれる電解質ミネラルが足りていなければ捨てることも出来ない。


エネルギー変換は細胞という名のプラント工場ので起こる化学反応で
工場内の各部署ごとに「このタイミングでこの栄養素が必要!」と工程上決められています。
ところが材料に足りないものがあれば、最後の出来上がりがヘンテコになるのですね。・・・きっと^^;


同じように無毒化するときも、化学反応ですから
足りない栄養素ががあれば、出来上がりがヘンテコになるのですね。・・・きっと^^;


ところが・・・・限りあるスペースですから
次の①新鮮なお水 ②栄養 ③酸素 をもらう為には
有害物質の無毒化において、出来上がりがヘンテコであっても「邪魔者」は出さないといけないわけです。

おまけに・・・・この捨てる作業は、細胞の意思で出来ることではないので
『完璧作品』であっても『推測ヘンテコ作品』であっても
捨てることを手伝ってくれる電解質ミネラル(運送業者)によって強制的に奪い取られ
①新鮮なお水 ②栄養 ③酸素と差し替えられてしまいます。


その結果・・・優秀プラント工場であるはずの細胞ちゃんは
   ----------------------------------------------------------
     未完成品@心に引っかかるものがありながら・・・・
     納期の締め切りが迫ってて、搬出せざるを得ない辛さ!
     プライド喪失、後ろ髪惹かれまくり、罪悪感、・・・・etc (なんのこっちゃ?)
   ----------------------------------------------------------









ビタミンとミネラルが十分に無ければ
このエネルギー代謝が十分に出来ない=エネルギー不足となり
アンモニアを無毒な尿素に変換していくパワーも材料もないことを、想像していただけたでしょうか?=代謝不良


ビタミンB群補強だけでも色々な病気を改善に向けてコントロールできるのは
エネルギーを作り出すことや、猛毒であるアンモニアを無毒化させることに
大きくかかわっているからなのですね。





腎不全:BUNでおなじみの尿素窒素・・・・・窒素とくっついた尿素ですよ! 
   ネコさんは、ワンチャンよりも、フェレットサンよりもはるかに肉食で
   ずば抜けて俊敏な身のこなしを支える筋肉はタンパク質によって成り立ちます。
   すなわち、生きる為には良質のタンパク質が沢山必要な体として生まれてきているのです。

   ですが!
   それを理由に&無防備に仔猫の時代から
   酵素となってくれるビタミンとミネラルをなおざりにし、高タンパク食を食べ続けているから
   尿素も窒素も溢れかえって、ネコさんは軒並み『腎不全に』なるわけです。
   (酵素・・・・代謝や解毒の化学反応を手伝ってくれる触媒のこと)





ビタミンB群が無ければ・・・・
猛毒アンモニアを無毒な尿素に変換出来ないだけではなく
そもそもエネルギー変換が出来ないわけで 
栄養が足りない!!!のホメオスターシスの指令の元で
B群だけを食べることが出来ないニャンズは
   <キャットフードのわずかに残るB群を求めてゴハンを食べる→太る>
    

    怪しいですか?・・・、おなかが空いた時に
    お手元のアズミラ:Bコンプレクス50とカルシウムウィズボロン3を飲んでみてね。
    貴方の細胞だって同じことをしていますヨ♪
    カルシウムウィズボロン3が・・・
    B郡を細胞の中に押し込んで、アンモニアは尿素となって細胞から出てくるよ!
    代謝が上がれば空腹感は止まる・・・簡単ダイエット術の基本形(^-^)v




* * *    --------------------------------------------------------
           膀胱炎やストラバイトと何の関係があるの??
                ますますワカランチン・・・・><
   --------------------------------------------------------

    

でしょ、でしょ!・・・笑えるほどややこしいのよ! 
                    だから書きたくないのよ^^;




「尿を酸性にする****酸」 
たしかにこれらも尿素変換の中間物質なのだけれど =解毒
エネルギー変換には関わっていないのね。 =代謝


だけれども・・・・・
ウレアーゼ産生菌と戦う為に
誰もが絶対にUPさせたいと願っている免疫力は、免疫細胞たちのお仕事の総称で
免疫細胞を頑張らせるには
正しいエネルギー変換が絶対に必要!  =代謝
若返りだって同じこと             =代謝



と同時に・・・・
細胞から捨てられる尿素は本来ph中性なのだけれど、
時間と共にアンモニア(アルカリ)に戻っていく宿命があって
細胞から捨てられるときにアルカリっぽい尿素だと、
時間が経てば益々高アルカリのアンモニアになってしまう。



そこで!
たとえば・・・・こんな風に考えてみてください。

例①
<<健康ちゃん>>
 細胞から捨てられた時の尿素は  ph7    (正常尿素として)
 時間と共に              ph7.5   に上がってしまったけれど
 オシッコとして捨てられるときには   ph6.5   弱酸性尿になりました。(^-^)v

 このとき・・・・ph7.5-6.5=1 のパワーが必要でした。


<<不健康ちゃん>>
 細胞から捨てられた時の尿素は  ph8.0   (ヘンテコ尿素として捨てられたと仮定)
 時間と共に              ph8.5   に上がってしまったけれど
 オシッコとして捨てられるときには   ph7.5   少しアルカリが下がりました。 ^^;

 このとき・・・・ph8.5-7.5=1 のパワーが必要でした。 


こんな風に・・・同じ<1のパワー>として仮定すると
健康ちゃんは酸性尿を作ることが出来ても、不健康ちゃんはやっぱりアルカリ尿。
不健康ちゃんが酸性尿にするにはph8.5-ph6.5=<2のパワー>が必要になるわけです。



例②
<<健康ちゃん>>
 細胞から捨てられた時の尿素は  ph7    (正常尿素として)
 時間と共に              ph7.5   に上がってしまったけれど
 オシッコとして捨てられるときには   ph6.5   弱酸性尿になりました。(^-^)v

 このとき・・・・ph7.5-6.5=1 のパワーが必要でした。


<<不健康ちゃん>>
 細胞から捨てられた時の尿素は  ph7   (正常尿素として)
 時間と共に              ph7.5   に上がってしまったけれど
 オシッコとして捨てられるときには   ph8.0   さらにアルカリになっていました。 ><

 このとき・・・・ph7-ph8=-1 のパワーが必要でした。(働いたはずのパワーなのに、結果マイナスになっちゃった!) 


こんな風に・・・細胞から捨てられた時の尿素phが同じだったとして仮定すると
健康ちゃんは酸性尿を作ることが出来ても、不健康ちゃんはやっぱりアルカリ尿。

 このとき・・・・
 不健康ちゃんが弱酸性尿にするには
 ph8.0-ph6.5=1.5のパワー + 無駄遣いになった1パワー = 2.5パワーが必要だったことになるわけです。





んが!
この酸性尿変換に利用されるパワーもエネルギーから生まれるわけですから、
細胞がもらう①新鮮なお水 ②栄養 ③酸素から成り立つのです。

   ↓   ↓   ↓   ↓

   「尿を酸性にする****酸」 
   たしかにこれらも尿素変換の中間物質のだけれど =解毒
   エネルギー変換には関わっていないのね。 =代謝

   ↑   ↑   ↑   ↑

   この記述と関係してくるでしょう??



だから!!!
オシッコを酸性にする「****酸」のことだけを考えているのは

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・つまり、 これは<<木>>



オシッコを酸性にするための体質改善には
・エネルギーを正しく作ることと、
・有害高アルカリのアンモニアをph7の尿素に正しく変換することと
・それを血液に捨てる作業を確実に行うこと
これらは三位一体で考えなくちゃいけないわけです。 



そして・・・・冒頭の
「これを無毒な尿素に変換していくのも代謝(解毒を含む)のお仕事です。
   ・主に肝臓と筋肉細胞の中で行われています。」
      ↑ ↑   
   ほら!肝臓も関わってるよ~~~~!
   検査数値に出ない程度に肝臓が凹んだりしていない??
  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・つまり、 これは<<森>>







     ビタミンB1は腸内細菌が作るから食べなくて良いとか・・・諸説様々あるけれど
     便秘や下痢・シニア世代で何をか言わん!ちゃんちゃら可笑しい!

     これだけケアが必要な仔たちが居る以上
     その一人ひとりの全身の細胞が
     「B1ちょうだい~~~」って叫んでいるとしか私には思えないです。


     ビタミンB1のように、ビタミンB郡は仲間12種類のそれぞれが
     単独での仕事も行うのだけれど
     互いが関わりあってパワーアップするというチーム力がお得意♪
     そのため、B1単独で摂取するよりもB郡(別名;Bコンプレックス)として
     食べることが必須のビタミンです。




     そして・・・・・細胞に必要な材料を送り込んで、不要なものを引き出すために
     ポンプの役目をしてくれている電解質ミネラルを欠乏させるようなことが起きれば
     このポンプがまともに働かなくなることの怖さ・・・・。><
     ミネラルカットのゴハンなんて、我が家の仔たちには考えられないのです。
     はじめやだるさや疲れやすさで現れてきますが、でもいつかは病気ですよね?
     だるさや疲れやすさはホメオスターシスのサインなのですから。

     前述の
     「怪しいですか?・・・、おなかが空いた時に
            お手元のアズミラ:Bコンプレクス50とカルシウムウィズボロン3を飲んでみてね。」
   
     カルシウムウィズボロン3を一緒に飲むことでポンプ役もフル稼働できるのです^^



     



ゴハンから得られた栄養素を、
最終目的のエネルギーに向かって正しい変換に導く為の『お手伝い@ちょっかい^^』をする物質を酵素といいます。
実務としては触媒の働きをしています。
     有名どころのタンパク質分解酵素・脂肪分解酵素・糖分解酵素は、こうした酵素郡の極々ホンの一部。

ビタミンB1は酵素として直接働きかけますが
このように触媒=酵素が働くためのお手伝い(=補酵素)も ビタミンCの大事なお役目・・・(^-^)v



免疫力UPの為・・・・とビタミンC編でダラダラ記述した内容に
モウ一つ付け加えると
ビタミンB郡と同様に、
基礎代謝を上げる為の 触媒 の顔を持っています。 







膀胱炎や結石で『酸性尿にしたい!!』と思うなら
木を見たら・・・・・次は森を見てみよう。

木のデメリットと森のデメリット・・・。

木のメリットと森のメリット・・・。

その時々でどっちが大事かは、全体がシッカリと見えないと解らなくなります。
木を見たら、次は必ず森を見る。
森を見たら、次は木を見る。

そしてもちろん、我が子を知ること。







ゴハンを考える時 ・・・・・とっても大事なことです。


| オシッコ |