FC2ブログ
1234567891011121314151617181920212223242526272829
web拍手
2010-09-20 (Mon)
ホメオパシーや統合医療の効果、厚労省で研究へ

医療介護CBニュース 8月25日(水)21時0分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100825-00000011-cbn-soci

 長妻昭厚生労働相は
 8月25日、ある種の水を含ませた砂糖玉を用いた代替療法「ホメオパシー」や、
 西洋医療に代替医療を加えた「統合医療」の治療効果について、
 厚生労働省で研究する方針を示した。
 横浜市内で行われた高齢者住宅の視察後の記者会見で明らかにした。

 ホメオパシーは、昆虫や植物、鉱物などの組織を水で100倍に希釈、
 振とうする作業を10数回-30回程度繰り返して得られた水を含ませた砂糖玉「レメディ―」を用いる代替療法。

日本学術会議(金澤一郎会長)は24日、この療法について、
「『効果がある』と称して治療に使用することは厳に慎むべき行為」とする会長談話を発表した。

談話では、ビタミンKの代わりに「レメディー」を与えられた生後2か月の女児が死亡し、
その母親が「レメディ―」を投与した助産師に損害賠償を求めて提訴していることを取り上げ、
ホメオパシーに頼ることによって、
 確実で有効な治療を受ける機会を逸する可能性があることが大きな問題であり、
時には命にかかわる事態も起こりかねない」と警鐘を鳴らしている。

 長妻厚労相は、日本学術会議がホメオパシーに対し、
会長談話を通じて問題提起したことに関連して、
ホメオパシーや統合医療の効果については厚労省内で研究するとした上で、
「仮に患者の意思に反して病院に行かないようなことがあるとすれば問題。
省内でも議論し、実態把握が必要であれば、それに努めていく」と述べた。


-----------------------



私は☆逆プラシーボ☆に苦しみそうなので手が出ません^^;


本国でも下火のホメオパシーも、
日本みたいに人気が高まっているお国もあるらしい。

でもその内訳を紐解くと・・・・・
インドや中南米の貧困層に集中しているのは以前から言われていたことで
「適切な医療を受けられないから」が、その真の理由であろうことは
容易に想像出来ちゃいますよね?


で、この記事・・・・・。
なんかサァ~~、
iPS細胞を振り回そうとしている日本で
今更研究しなくても良いんじゃないかしら?
証明することが必要なら、支持したい人や
ホメオパシーが生まれたドイツ(の税金)でやって欲しいわ☆

また大臣が変わっちゃったんだし、限りある血税はちゃんと使うべきっ!(笑)




ホメオパシーは
「頭が痛いとき」には、もっと頭が痛くなるようにして
その反発力を利用して治そう! と言うのが基本です。



おざっぱですが、こんな感じ・・・・

頭が痛いとき、身体はホメオスターシスが働いて
本来の快適な環境=「治そう」とします。

でも、治す力が弱いとき・・・・
ホメオパシーレメディーで「もっと頭を痛く」させると
治そうとする力も「さらに頑張る!!」ために
ホメオスターシスが治そうとする力=反発力 が 
症状を上回った時にはじめて 頭痛が治る=治癒 という事。





そこで、チョット考えてみたい^^

---------------
治そうとする力も「さらに頑張る!!」ために
ホメオスターシスが治そうとする力=反発力 が 
症状を上回った時にはじめて
---------------
↑について。


身体はいかなる場合も【快適】に過ごせるように
常に、必死でバランスを取ろうと懸命に働いています。
ですから「ちょっと様子を見ていると治る」ことが、日常しばしばありますよね?!
これがホメオスターシスのお仕事の結果です。



このホメオスターシスは、何処から来るのか。

      ゴハンであり、食べ物であり、栄養であり、そのバランスから成り立っています。



従って↓
---------------
治そうとする力も「さらに頑張る!!」ために
---------------

すでに治そうと働いていたホメオスターシスは
ホメオパシーレメディーの投与によって、
更に頑張らなくてはいけない環境に追い込まれるわけですね。


んで、↓
---------------
ホメオスターシスが治そうとする力=反発力 が 
症状を上回った時にはじめて
---------------

裏を返せば・・・・
ホメオスターシスが上回ることが出来なかった場合
その症状は、ホメオパシーレメディーを飲む以前よりも
悪化してしまいます。

「もっと頭を痛く」させるために服用するのですから
こうしたことは当然起こってくるだろう・・・・・・と考えちゃうわけです。




このテーマを取り上げた理由は
  「ホメオパシーの賛否」ではなく 
         つまり、試したことが無いわけで、賛否も何も・・・><;


「ホメオスターシスが治そうとする力」が
ホメオパシーレメディの投与によって<命の浪費>を招いていないか・・・・ということ。




たとえば・・・・・

* * * ①レベル3の風邪なら、既存のホメオスターシスの力で治すことができる。

②レベル5の風邪なら、既存のホメオスターシスの力と
 安静で治すことができる。

  このときの「安静」とは、無駄な力を使わないことで
  ホメオスターシスの働きを治癒に集中させることを意味しています。

③レベル7の風邪なら、既存のホメオスターシスの力と
 安静&力がつく消化吸収の良いものを食べて治す。

  このときの「安静」とは、無駄な力を使わないことで
  ホメオスターシスの働きを治癒に集中させることを意味しています。

  このときの「力がつく消化吸収の良いものを食べて」とは、
  ホメオスターシスの原動力となる食事のこと。
  つまり、ホメオスターシスが十分に働くことが出来るパワーを
  細胞の一つ一つに送り込むことを意味しています。


   ↑   ↑   ↑   ↑   ↑   

  「ちょ、ちょ、ちょっと!
   今、必死で頑張ってるんやし、ホメオパシーレメディ 入れんといてぇぇぇ~~~っ!」

                            と、ワタクシのホメオスターシスが申しますm(_ _)m




私たちが望む【自然治癒力】とは
無理やり頭を痛くするような事や、風邪の症状を重くすることではないはず。

無理やり負荷をかけて、そこから生まれる反発力を「どこからか搾り出す」ことでもなく、

ただ、一直線に・・・・

「ホメオスターシスが働くことが出来るパワーを
  細胞の一つ一つに送り込むこと」では無いのでしょうか?





気付いてくださった方もいらっしゃいますよね?

  ココ!→  →  →  →「どこからか搾り出す」

ホメオパシーレメディーの投与によってプラスアルファとして掛かってくる負荷は
本来使う必要が無かったホメオスターシスの浪費を招きます。




<あれこれ工面して 
  パワーを搾り出さなくちゃいけなくなった身体> を チョット想像してみてください♪


ホメオパシーレメディーによって掛かる負荷に対抗するためのパワーは、
本来、どこかが使わなくちゃいけなかったパワーだったはずです。

      5個貰える筈のパワーが、
      3個しか貰ええなくなるところが出てきませんか?

んじゃ、「3個で我慢してね?」って言えますか??


-2個に減らされたところは、パワーが足りなくて
それこそ「病気」あるいは「ピンチを示すサイン」として
新たに発現することは無いのでしょうか?



ホメオパシーレメディは砂糖玉以外の一切の成分は検出されないとか・・・。

だったら・・・・
   「力がつく消化吸収の良いものを食べて」←の部分は
         砂糖玉でおしまい?!になる場合だって多分にあるはず。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・絶対に言えません。
                      貰えたはずのパワーが貰えないなんて(プチ怒)

                      砂糖玉だけじゃイヤです。 欲張りですもん^^;







ワタクシ、波動の力は認めています。

でもホメオパシーはダメです。m(_ _)m

んで、ホメオパシーと現代医療を融合させたホモトキシンコロジー(統合医療)もダメです。


「辛いよ・・・」を知らせてくれない仔たちです。

肝心のホメオスターシスをちゃんと支えられない状態のシッポたちなら尚のこと、
これらを使うことに抵抗を感じちゃうのです。






シッポたちと同じように、モノを言えない赤ちゃんが
肝心のホメオスターシスを支えてもらえなくて亡くなりました。
ビタミンKさえあれば、失われずに済んだ命かもしれません。

文面は、正当な医療を軽視することに、注意を呼びかける内容になっていますが
実体は医療ではなく栄養学を無視した結末だと考えます。
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000000qvk2-img/2r9852000000qvlj.pdf



身体は栄養が作るもの。
病気は自分の身体が自分で治すのが基本。
医薬品が不可欠になる局面もありますが、医薬品だけに頼るものでもありません。
また、人の場合はプラシーボ(プラセボ)効果も起こりますが、
シッポたちにプラシーボは皆無です。


病気になるも、ならないも、元気に過ごせるか、長生き出来るかも、
そして、治ることができるかどうかも
ホメオスターシスのちから次第 に尽きるのです。



でも、残念ながら私たちもシッポたちも、足りない栄養が沢山あります。
 そのため、、ホメオパシーレメディーによる変化に
 ホメオスターシスが反発出来ない可能性が多分にある身体環境ではないかと想像したくなるのです。






ホメオパシーは、良くも悪くもその波動を体内のミネラルに呼応させて行きます。
ですから「ミネラル不足」はダメなんですね。
でも、シッポたちの既製品ゴハンは
マグネシウムを筆頭に極限まで特定のミネラルをカットされていますから
同調させる相手が、思うほどいないかもしれないな~って思うわけです^^;

「有益ミネラルはしっかり摂ってね」って言ってくださる方がいらっしゃる一方で、
マグネシウムはダメ!・・・なんて言うホメオパスさんやホメオパシー採用獣医さんもいらっしゃいますよね?
後者の方は、シッポたちの既製品ゴハンそのものを「良くご存じないんだろうなぁ~」って感じるわけです。
  ココで上げたミネラルについての考え方は一例であり
  ミネラルを摂取すれば「全てOK」では有りませんので念のため。



身体は栄養が作るもの。
そして栄養学は、数多の尊い命の犠牲=動物実験が基礎ですから
原則として 、人が・・・、ネコさんが・・・、フェレットさんが・・・、の 垣根はありません。









        物事の見方や考え方には個人差があります(^-^)v
        また、全てのホメオパシー関連商品を
        いわゆる悪徳商法のように思ったりもしていません。

        ご覧下さっている方の中にはホメオパシーや
        ホモトキシンコロジー推奨派さんもいらっしゃることでしょう。
        悩んで行き着かれたそれぞれのお考えやご経験は
        十分尊重しておりますのでご安心くださいネ♪



| 健康を考える |