FC2ブログ
123456789101112131415161718192021222324252627282930
web拍手
2011-03-11 (Fri)
本日の東北地方太平洋沖地震で
被害にあわれた皆様には、心よりお見舞い申し上げます。

余震も続くことでしょうから、どうぞお気をつけ下さいますように。




震えが止まらない、引き篭もって出てこない、自宅内で見つからない など
数件のお電話を頂きました。


強い恐怖を感じてしまった子たちは『非日常』の精神状況に陥っている場合が多々あります。

こうした時、僅かな刺激でパニックとなり、良かれと思うことであっても無理強いすると、
ネコちゃんも貴方も怪我をする恐れが伴います。
恐怖で豹変した『いつものネコちゃんではない』可能性を十分を考慮ください。



●引き篭もっている場所から無理に出さないで、
 本ネコちゃんが納得するまで見守って差し上げてください。


●健康なネコちゃんであれば、1,2日くらい「飲まず食わず」になっても大丈夫です。

 負担が増えるような通院や過剰医療は避けてあげてください。
 心が安定すれば喉の渇きや空腹に気が付いて「頂戴コール」が出来るようになります。


●隅っこに固まって腰が引けてしまっているような場合は
 無理にお部屋の真ん中に連れて来ないでください。

 寄り添うものがある場所や狭い場所、暗い場所はネコちゃんにとって安心できるスペースです。
 そういった場所が場合は、ダンボールなどで作ることや
 押入れ、クローゼットなどを開放し利用させてあげてください。

 注意:今の季節はコタツが便利ですが、強い恐怖を感じているときは
     脱水状態になっても出ようとしなくなりますから
     くれぐれも温度管理にはご注意ください。
     飲み水をコタツの中に用意してあげるのも良いでしょう。


●多頭飼育の場合で、ケロリとしているネコちゃんがいるなら
 怖がっているネコちゃんのフォローを頼んでください。

 動じていないネコちゃんは、該当ネコちゃんが不安がっていることを理解しているはずですから、
 そばで寛いだ様子を見せたり、グルーミングをすることで、早く平常心を取り戻せるようになります。

 但し、仲良しちゃんがそばに来ることさえ受け入れられない場合は
 瞬時に大喧嘩に至ってしまうこともありますから、
 怖がっているネコちゃんが無理なく受け入れられるかどうか、様子を観察しながらなさってください。


●日頃から抱っこ好きであっても望まない拘束は不安を煽ります。

 抱っこ好きでないネコちゃんの場合は、反って逆効果ですから
 貴方の穏やかな声や笑顔で「いつもと一緒よ」を、怯えるネコちゃんにをシッカリ伝えてください。


●貴方の不安やイライラは以心伝心で必ず伝わります。

 互いの悪い波動をやり取りしてしまうことも逆効果ですから
 どれほどご心配であっても、先ず御自身の精神状態をシッカリとコントロールしてください。




ケアと対策。。。。。。。

 

* * * ●バッジフラワーレメディーの 【レスキュー】 と 【ミムラス】 を。


 レスキューは即効性があり、不安や恐怖の全般に効果的です。

 ミムラスは恐怖の対象が明確で強い場合に利用します。

 併用することで不安や恐怖を早く和らげることが可能になります。


 **使い方**

 抱っこが出来る場合は、鼻や唇に原液を直接付けます。
 抱っこが出来ない場合は、貴方の人差し指と親指にレメディーを付け、お耳をつまむ要領で。

 食事ができる場合はゴハンや飲み水にも落としてください。
 ベッドや毛布・枕の下にボトルを置く事も有効です。



●精神的ストレスは、カルシウムとマグネシウムで解消できます。

 アズミラ:カルシウムウィズボロン3 を お持ちであれば、少し増量ください。


 精神的ストレスは、カルシウムとマグネシウムの消耗量が格段に増えます。
 そのため、通常のゴハンであれば、こうした場合に不足が生じて神経がピリピリに。
 
 不安の後に膀胱炎やストラバイトも、カルシウムとマグネシウム不足が原因となります。
 栄養面から来る神経のピリピリが、更に免疫力低下を招きます。




●精神的ストレスは、ビタミンB群で緩和させます。

 アズミラ:Bコンプレックス や
 S.G.J.P:ビタミンBコンプレックス を お持ちであれば、少し増量ください。


 精神的ストレスは、栄養の代謝不良で増幅されます。
 そのため、通常のゴハンであれば、こうした場合に不足が生じて神経がピリピリに。
 
 代謝UPだけではなくビタミンB群のうちの多数が神経作用と直接関わっています。
 


●数日~2週間後に膀胱炎やストラバイトになる可能性があります。


 一旦完治:小康状態のネコちゃんであれば、再発は覚悟頂くほうが無難です。
 再発や悪化を防ぐためにも事前のケアは怠りませんように。


 <<ストレスによる抗酸化力低下のケア・・・ストラバイトの核になる物質を作らせない。>>

   シャークレバーオイル
   アズミラ:COQ10
   アズミラ:グレープシードエクストラクト
   アズミラ:スーパーC2000
   スピリッタ
   タヒボ茶 

 
 <<ストレスによる免疫力低下のケア・・・抗菌・免疫細胞の活性化>>

   アズミラ:スーパーC2000
   By E-コリ
   初乳(国産)
   タヒボ茶 





●キャリーケースは必要ですが、身近にいつも用意できているとは限りません。
 
 咄嗟の時のために、ネコちゃんの数だけ洗濯ネットをご用意ください。

 薄いものや柔らかな編地は本気になれば簡単に破られますから、
 鼻先を擦り剥くような編地のシッカリしたモノで、
 ネコちゃんよりも2倍(雰囲気)ほど大き目のものを選んでください。

 
 異変が起これば先ず洗濯ネットにネコちゃんを入れて、ネットごとキャリケースに。
 ネットに包まれていることで「多少の安心感」が維持でき、
 同時にある程度の動きを拘束できますから、少しの時間であれば目も離せます。

 特に多頭飼育の場合、先ず洗濯ネットに全員を入れてから次の行動を考えてください。
 トイレやお風呂など柱と壁でシッカリ囲われているような狭い空間で、
 先にネットに入れられたネコちゃんから順番に全員の準備が整うまで待機してもらうのも一案です。

 但し、ご自宅倒壊の恐れがあるような状況では反って危険も伴います。
 臨機応変にご判断ください。




●転ばぬ先の杖・・・迷子札も有効です。

 誰もが脱走させようなどとは思っていません。
 でも起こってしまうのが『不慮の事故』です。



 

****今回のような広域にわたる重大な被害が出れば、運送便にも必ず支障が出ます。****

スーパーのジャンクフードさえも手に入らないこも起こりえます。
人間が大変な時は、シッポたちのことなど気に留めてはもらえません。
我が子は自分で守り抜くこと!
     
    ゴハンと飲み水の備蓄は親としての努めですよ~~~~~。




| 気になること |