123456789101112131415161718192021222324252627282930
web拍手
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
web拍手
2011-04-21 (Thu)
福島第一原発の20キロ圏内のシッポたち救出の道が閉ざされます。


-----------------------------------------
福島第一原発の20キロ圏内を新たに「警戒区域」とし、住民の立ち入りを制限するとした21日の政府の発表に、対象となる福島県の避難者からは「条件が厳しすぎる」「いつ立ち入れるのか」と困惑する声が相次いだ。

自宅に自由に戻れなくなり、罰則規定も設けられるだけに、「帰宅するだけで罰せられるなんて」と嘆く声も漏れる。

東京電力福島第1原発(福島県大熊町、双葉町)の半径20キロ圏に位置する福島県の9市町村は
22日午前0時、同圏内を「警戒区域」に設定する。

住民らの立ち入りを禁じ、域内にとどまった場合、各市町村長は退去を命じることができる。
また政府は、警戒区域の住民の一時帰宅について、第1原発から3キロ圏を除いて数日中に始める方針だ。
 

警戒区域の対象は大熊町、双葉町、富岡町の全域と、
南相馬市、田村市、浪江町、楢葉町、川内村、葛尾村のそれぞれ一部で、域内の人口は約7万8000人。

従来の避難指示より強制力が強く、違反者は10万円以下の罰金などが科される。
    
 時事通信 4月21日(木)19時25分配信より一部抜粋

 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110421-00000118-jij-pol
-----------------------------------------



避難指示を受けた被災者さんでさえ罰則が適用されるという状況下では
動物保護のための団体・ボランティアさんの活動は望めなくなります。

家族として愛されたていたシッポたちはもちろんのこと、
計65万匹以上と推察される家畜たちも取り残され、
今まだ生きている子達も押しなべて餓死を強いられることになります。


福島県では『大半が死んでいるであろう家畜への対応は難しい』とのことですが
家族として愛されたていたシッポたちだけでも、1匹でも多く救おうと
今尚現地入りを試みてくださっている動物保護団体・ボランティアさんは少なく有りません。


圏内に取り残されている動物を救うためには、
私たち一人ひとりが「出来ることを行う」以外に方法はありません。

たった1通の嘆願ではどうにもならないと諦めてしまえば1シッポも救えなくなります。
世論が高まらなければ、行政も対応せずにそのまま放置状態になってしまいます。
シッポを愛する一人の声として、本件の最高決定機関であろう原子力安全・保安院に嘆願して下さい。




次の文章にご賛同いただけましたら、コピー利用下さってかまいません。

原子力安全・保安院へのメールはこちらから
http://www.nisa.meti.go.jp/
↑画面上段「お問い合わせ」より専用フォームにお入りください。

  (犬猫救済の輪様より転載許可を頂き、文字数制限の範囲で一部変更してあります。)




タイトル : 20キロ圏内に取り残された動物救助のためのお願い

---------------------------------------本文


1)20キロ圏内での愛護団体、ボランテイアの活動の継続

徘徊犬猫その他愛玩動物保護捕獲は、経験をお持ちの動物ボランティアさんでなければ成し遂げられません。
経験と技術が無ければ救助は困難です。

今、避難地域で活動されている愛護団体・ボランティアさんは全て自己責任で活動しており、この区域で活動したことにより将来健康上の問題が発生しても、いかなる苦情、要求を行うことも無いと断言されています。
目的達成のためであれば、圏内への出入り時に警察の荷物チェックを受ける等の諸条件にも従われるお覚悟です。
動物ボランティアが活動時間や装備等必要な条件を満たした上で、引き続き20キロ圏内で活動を続けられますようお取り計らい下さい。


2)飼い主自身によるペット救出

ペットを飼い主自身が連れ戻すことができるよう車両の準備をお願いします。
遠方避難等で飼い主自身が赴けない場合、愛護団体等が代行できるようお願いいたします。


ココまで---------------------------------------



数は力なり・・・・他省庁への嘆願も合わせてお願い致します。

https://www.e-gov.go.jp/policy/servlet/Propose 
↑電子政府相互窓口から送信ください。

送信先の【内閣府】【環境省】【農林水産省】【経済産業省】【国家公安委員会・警察庁】 に
チェックを入れていただくと、
該当省庁それぞれに1通ずつの同時一斉送信になります。



初めての方なら気後れされるかもしれませんが
こうした嘆願は選挙よりもダイレクトに国民の声を届ける方法です。

どうかごご協力をお願いします。m(_ _)m



| 小さな命のために |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。