FC2ブログ
1234567891011121314151617181920212223242526272829
web拍手
2009-09-11 (Fri)
食べ過ぎて困る。

太るのはイヤ。

糖尿病が怖い。


そこでローカロリーのゴハンに走るのも一つですが
このテクニックには、タンパク質や脂肪の<質>に、気がかりも残ります。


たとえば・・・
 プロテインスコア
 アミノ酸スコア   
         カロリーだけを追いかけると、利用できる食材が限られるため
         最も大事な此処が落ちるかも・・・><






そこで考える。

お腹の持ち・・満腹感の持続性ってどうする??って。


私達なら 『食物繊維でお腹を膨らませる。』 って思う。
だからおからビスケットが、あんなにヒットしたんだよね?



さて、ダイエットに有効なのは・・・


********************

①: 食べすぎはダメ。

②: おなかでの吸収や通過スピードを遅らせて
   一定の血糖値(満腹感)がより長く維持できること。

③: 基礎代謝のUPで栄養効率が上がれば
   適量の食事の場合、無駄におなかが空いてくることはありません。

   ココで言う基礎代謝のUPは・・・
   ついてしまった無駄な脂肪の燃焼を「運動で頑張った結果」でもありますが
   痩せていて基礎代謝が悪い場合は、栄養の過不足を整えることでも可能です。

   すでにフックラさんの場合は、
   運動(強制燃焼)と栄養の過不足を整えることの両建てが必須です。

********************


① と ③ はダイエットの基本中の基本で
 人もネコさんも共通です。



② が 可能になれば、
手っ取り早くおやつや次のゴハンが、少し後回しにできる様になります。




 ・・・・・ そんなはずナイ!って??
      でも、糖尿病ケアの最も重要な手法ですよ!



■可溶性食物繊維→→→水分と共にふんわり包むように腸での通過スピードを遅らせる。
                他に、解毒の促進・食事量のかさ上げ

■不溶性食物繊維→→→刺激を抑え腸での通過スピードを早める。
                他に、解毒の促進・腸内細菌の育成

          詳しくは 【Shall We Holistic ?!】 まで

ダイエットフードじゃなく、
このそれぞれの特徴を取り入れるのはどうデショ??
これ、実はデトックスの手法とも一緒です♪




ここで・・・・。

食物繊維が多いゴハンは 粗悪・・・っ て言われますよね。
食物繊維はかさ上げの為のもので、結腸症になるって言われたりしますよね。
一方、ヘアボール対応のゴハンも注目されるキーワードです。

・・・・んが、可溶性食物繊維が、かさ上げを行うことで刺激となって
   腸内をすばやく通過させることで毛玉が出やすくなる・・とは誰も言わない^^;




●食物繊維はドンブリで考えると「必ず失敗!」します。●

可溶性食物繊維 と 不溶性食物繊維 を 分けて考えて
それぞれをどう使いこなすかがポイント!


  刺激、かさ増し、スピード・・・を、
  この二つの食物繊維の量調整でコントロールするわけです。
  


  多くのヘアボール対策のゴハンで 
  粘膜便(ウンチにちょこっと血がついている)や
  嘔吐や下痢を伴う場合があるは、そのネコちゃんにとって
  不溶性食物繊維が多すぎる可能性があることを意味します。

  一方、下痢や軟便体質の場合
  可溶性食物繊維が足りていないことが、一つの理由になっている場合があります。
  



『どちらを、ナニで、どれだけずつ食べるネン??』がポイントです。

『コレが・・・、こんなに入ってる!><』 なのが粗悪であって
要はそれぞれの食物繊維の質と量バランスなわけです。


通過スピードを遅らせるってことは、
善玉菌のお食事タイムが長くなるって事で
つまりは、善玉菌が増えるってことで
→→→ウンチが増える(善玉菌の死骸が増える)ってこと。


ですから、良質のゴハンでウンチのカサが減ることを
<単純に>喜んでばかりもいられません。

    ウンチがコンパクト! の言葉の裏側にあるものは
    「粗悪な原材料でかさ上げしていません。」・・・・ってことね。
    ですから おなじみのビートパルプはいつも悪者にされていて
    ビートパルプ=粗悪 と あまりに単純な『良し悪し論』が言われるわけです。

    ビートパルプに限らず、不溶性食物繊維であればよいわけですが
    適当な量が入っていなければ、解毒作用はおろかウンチは出ませんよ!





良質の水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の絶妙バランスは
ダイエット(&血糖値コントロール)とデトックスのための、テクニックの一つです。




いつものゴハンで綺麗に健康にダイエットするなら
●良質の2種類の食物繊維 と

●代謝&解毒改善(基礎代謝UP)のために
  キャットフードに足りないビタミンとミネラル・酵素群 を
  補充栄養素として補えばいいのニャ。



但し、テクニックは人の場合と全く同じなのですが
人よりもネコさんのほうが不溶性食物繊維には敏感に反応します。
ただただ食べさせれば良いというのではなく
安全に食べられるものを厳選する工夫は必要ですね。



便秘のネコちゃん、下痢のネコちゃん、吐き癖があるネコちゃん
痩せたいネコちゃん、体質を変えたい猫ちゃん、健康になりたいネコちゃんには
『フルーツザイム』が最初の一歩ですよ。

| ダイエットについて | TB(0) |