123456789101112131415161718192021222324252627282930
web拍手
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
web拍手
2012-01-17 (Tue)

パブコメで最大の争点となった8週齢問題。

最終決着が【2012年5-6月】の国会における議員立法にゆだねられたことはご存じでしょうか?


業界団体さんは用意周到です。↓
http://www.komei.or.jp/news/detail/20111020_6412



シッポたちを愛する私たちでさえ、この問題の奥深さや裏事情を知らなかったわけですから
ほとんどの国会議員さんが知る由もありません。


パブコメで私たちは環境省に意見を届けました。
ですが、「意見」であってその結果は残念ながら多数決には繋がりません。

法整備を勝ち取るには議員さんを動かさなくてはならないのです。




幸いにして議員さん方は【国民の声の代弁者】です。
「最低でも8週齢にしてほしい!!!」の声が多ければ多いほど、
私たちの望む法整備は実現するわけです。



国会議員さんにメールするなんて・・・

な~んて気持ちが引けていたら、5年に一度のチャンスを失ってしまいます。

私たち一人一人が出来る事をすること・・・・それが命を守ることに通じます。



ジュルのしっぽ-猫日記-さんが
分かりやすく要点をまとめてくださっています。
 『8週齢規制』メールプロジェクトにご参加をお願いいたします。

 http://blog.goo.ne.jp/jule2856/e/f27f92484e0d9904f951925ac1bd4d02





-----------------------


ジャンクフードが巷にあふれていることと同じで
8週齢規制が争点になることも
問題の根っこが需要と供給にあることを、すでにお気づきの方も多いと思います。

「お金を出して買う人」がいれば、それは常に市場ニーズとして受け取られます。

問題があることも知らないままに・・・・
「安価なゴハンを買う消費者」「より幼い月齢を求める消費者」が常に存在します。
知らないことは罪ではありませんが、知って居て知らないフリは
罪につながりはしませんか?



------------------

http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/top/news/20120114/699808

生後1カ月前後の幼齢犬猫販売 獣医師の97%反対 日本小動物獣医師会が調査
(1月15日 朝刊)

 生後1カ月前後の幼齢な犬猫の販売に、獣医師の97%が反対していることが
14日までに、日本小動物獣医師会が行ったアンケート結果から分かった。
(中略)

 犬の血統を証明、登録する犬種団体の県代表を務める同市田野町の
ペットショップ「犬の店クロサワ」の黒沢和也店長(70)によると、
 売れ筋は35~50日。
 「より小さい犬や猫を求める客のニーズに応えなければ経営が成り立たない」と話す。

 アンケート結果については
 「性格形成の問題が指摘されているが、業者側だけでなく、
 飼い主のしつけや育て方の問題も大きい」としている。

------------------



市場ニーズに応えるため・・と称する業者さんを作り出すのは
いつも私たち「飼い主側」であることを忘れないようにしたいものです。

と、同時に飼い主側の・・・・
「家族」という言葉でカモフラージュされた「おもちゃ扱い」「独善的支配」に
大きな問題があることも事実です。




我が家には8か月になっても母ネコちゃんのおっぱいを欲しがった子がいます。
ネコちゃんの胸にツンツンと頭を押し付けておっぱいをねだる子の方が、
それを許す母ネコちゃんよりも遥かに大きいという不思議な景色・・・。

当時、この子たち親子(母ネコ+4+3匹)8匹を一度に保護したこともあって
里子に出せる子は全て出す予定で相談させていただいたある愛護団体の代表さんから
  「その子は里子に出さないで!」
  「母ネコちゃんのそばで暮らさせてあげて!」と アドバイスを頂きました。


あれから10年が過ぎました。

私から多くの情報を引き出すまでもなく、見たこともない「この親子の濃厚な関係」と
「大きな子猫」のガラスのようにデリケートな性格を見抜かれた代表さんの判断は実に的確でした。





この8週齢が抱える問題の一つが、業者さん対愛護側の意見の相違。
市場ニーズに応えることで利益を得ようとする業者さんと、
1つ1つの命を守り、正しく育むという1点だけに重きを置く愛護側という着眼点の違いです。


私たちシッポを愛する者は、いかなる理由があっても
命を守り、健全に育てる側でなければならないと思います。


「市場ニーズ」「客のニーズ」という言葉で
心ある人までもが愛護法違反の共犯者にされないよう、
積極的に8週齢問題に関わってみませんか??




ジュルのしっぽ-猫日記-さんが
分かりやすく要点をまとめてくださっています。
 『8週齢規制』メールプロジェクトにご参加をお願いいたします。

 http://blog.goo.ne.jp/jule2856/e/f27f92484e0d9904f951925ac1bd4d02


| 小さな命のために |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。